明日は節分、みなさん節分の意味や由来知ってますか?

節分の意味

節分と聞くと、私だけかもしれませんが「豆まきをし、鬼を退治する」っていうイメージが強いですよね。

本来の考え方は、節分とは字の如く、「節を分ける。季節の節目(ふしめ)、分け目」という意味です。

ということは、日本には四季があるので節分は4回あるってことですね。

  • 立春 → 春に向けて季節が変化する1日
  • 立夏 → 夏に向けて季節が変化する1日
  • 立秋 → 秋に向けて季節が変化する1日
  • 立冬 → 冬に向けて季節が変化する1日

皆さん知ってましたか? 知っていた方はごめんなさい(^^;

旧暦では現在の節分に当たる日が大晦日で、元旦が立春にあたります。

 

節分の由来

節分は旧暦で大晦日にあたります。

昔、平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める

「追儺(ついな)」という行事が行われていました。

室町時代以降は豆をまいて鬼(厄や疫病、災難など)を追い出す行事へと発展し今日に至るといわれています。

 

豆まきの由来

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものといわれています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じて、無病息災を祈る意味合いがあります。

豆まきは一般的には「一家の主人」、あるいは「年男」(その年の干支生まれのひと)が豆をまくものと言われています。

↑↑  全く知りませんでした(^^; 子供が喜ぶ行事とばかり思っていました。

さっそく明日は我が家でも豆をまき「魔滅」 魔を滅します!!

豆まきですが、注意点があります。

豆は炒った豆でなくてはいけません。理由は知ってました?

生の物を使うと拾い忘れた豆から芽が出て、これはいけません。縁起が悪いので出来れば炒った豆をまいて下さいね。

 

豆まき以外の節分の風習

最近では一般的になった、恵方巻。

こちら毎年恵方が変わります。恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん)という神様のいる方角のこと、だそうです。

太巻きを鬼の金棒に見立てて食べるという説や、願掛け(願いをかけて)食べきるという説など諸説あります。

また、今でこそ恵方巻は一般的ですが以前は関西地方のみのものであったとの事です。

恵方巻を全国区に認知度を上げたのはセブンイレブンだといわれています。

あとは、子供の頃に軒先などで見たことがある、最近見なくなった柊鰯(ヒイラギイワシ)。

柊鰯の意味は、柊の葉のトゲが鬼の目を突き魔除けになるというもの。また塩鰯を焼くと独特な匂いと煙で鬼が近寄らないというものです。

この柊鰯も平安時代の正月に門口にしめ縄に飾った柊の枝とボラの頭が発展し今日に至るといられています。

昔の人はいろいろ考えて鬼(厄や災難、疫病)から逃れようとしていたのです。

節分は季節の変わり目

季節の変わり目は身体の調子も変わるため、体調を崩す人が多くなりがちです。

皆さん、先人の知恵にあやかって「豆まき、恵方巻、柊鰯」などで鬼を退治してみてはいかかがでしょうか?

また当院では先のとがったもの、ということで鍼灸の鍼で鬼(厄や災難、疫病)の目を突いて退治したいと思います。

やまさわ鍼灸整骨院での節分は「豆まき、恵方巻、柊鰯、鍼灸」これで鬼退治をします。

「鬼は外っ!福は内っ!」