巷で噂の温活って何??

温活とは

「温活」とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことをいいます。

では、右の体温計の37.3度、皆さんは微熱があると思いますか?

それとも、正常だと思いますか?

実は平熱で問題がない範囲だそうです。

現代の人の感覚だと、平熱が36度台、もしくは35度台ですが、江戸時代などの一昔前は

何とっっ!!37度台が平熱で何も問題が無かったみたいです。 驚きですね(汗)

ちなみにこの平熱の違いは1~2度ですが大きいです。

1度平熱が下がると身体の免疫力は30パーセントも低下するそうです。

ということは、現代人は昔の人に比べ30~60%も免疫力が下がっているといえます。

これだけでも、温活をし体温を上げることは重要だといえます。

 

体温が低い場合のデメリット

体温が下がると、血流が悪くなります。また免疫力も低下し、外部からの異物や内部からの異物に対しての警備をしてくれる白血球の働きも悪くなります。

白血球の働きが悪いと、ウイルスや細菌に負けてしまいます。

結果、様々な病気に発症しやすくなります。

これだけでなく、「冷え性」や「肌荒れ」、「月経痛」、「月経不順」、「不妊」など女性特有の悩みも低体温が原因で出現します。

その他には、「夜寝つきが悪い」、「便秘」、「頭痛」、「めまい」、「身体のだるさ」などなど様々な訴えが出現します。

体温が低いことでのメリットは何一つありません。

 

体温が高い(平熱が37℃前後)ことのメリット

平熱を上げるメリット、一言で申し上げると、先ほど述べた問題点の改善です。

血流が悪くなり、「冷え性」に発展し血流の悪さから起こる、「肌荒れ」や「むくみ」、「身体のだるさ」これら全て、温活で平熱を上げると改善するといわれています。

冷えからの「寝つきの悪さ」も身体が暖かくなるので改善し、内臓温度もあがるので「便秘」も解消されます。

また嬉しいメリットとしては低体温で低下していた基礎代謝も上がり痩せ易い身体になることも注目されています。

白血球の働きも活発になり、風邪もひきにくく、病気自体にもなりにくい身体になります。

皆さん、温活に何処か欠点はありますか?

さぁ、皆で温活に取り組みましょう。

 

温活は何をしたらいいの?「温活」第一弾!!

まずは、お家で簡単に出来る「温活」第一弾!!

白湯です。皆さん白湯の飲み方ご存じですか?

ご自宅の電子レンジでも出来ますし、コンロで沸かすのも簡単です。

一度沸騰したお湯を体温より少し熱め、50~60度で飲むのが最適だそうです。

また最近、南部鉄器の急須(鉄瓶)を使って白湯を沸かし、飲むのが密かなブームらしいですよ。

鉄瓶で沸かした白湯は、電子レンジやヤカンで沸かすのとは違い、口当たりがまろやかになり美味しくなるそうです。

 

白湯の効能は、

①毒素や老廃物を押し流してくれる

②血行が良くなり代謝が上がる

③体内の余分な水分を排出してくれる

④ダイエット効果がある

⑤便秘が改善する

⑥肌荒れが改善する

⑦冷え性が改善する

⑧寝起きが良くなる

⑨むくみが取れる などなど

簡単に出来るのに効果盛り沢山です。 やるしかないでしょ!!

参考までに、白湯はインドの伝統医学であるアーユルヴェーダでも推奨されている身体のバランスを整えてくれる飲み物みたいです。

 

「温活」第二弾!!

生姜です。白湯に続き、生姜も皆さん馴染み深いアイテムですよね。

生姜は魚料理や肉料理の臭み消しに使ったり、薬味として使用したりします。

薬味とは毒消しや、強壮、健胃などに使う物をいいます。

上記のみでも、生姜は身体に良さそうな感じはしますよね。

ここで、もう少し生姜がなぜ身体にいいのか説明していきます。

効能の秘密は辛味成分である、ジンゲロールとショウガオールというものがあります。

このショウガオールはジンゲロールが加熱や乾燥などの加工により変化した物質です。

生姜は加熱や乾燥によって成分が変化し、各々の成分で得意分野があるみたいです。

では各成分、ショウガオールとジンゲロールの使い分けを説明します。

生姜と言えば風邪症状の時に使いますよね、喉が痛くて背中がゾクゾクする。

こんな時は生姜湯を飲んだりする方はいませんか?

生姜湯を飲むと身体がポカポカして風邪の治りも早まります。

これは、生の生姜の成分ジンゲロールの効能です。

殺菌、発汗効果に優れています。

ただし、ジンゲロールは空気に触れると酸化して効力が落ちてしまうため、すりおろしたら直ぐに頂くことが大事です。

生の生姜がカラダをポカポカ温めるのであれば、冷え性にも生の生姜を使えばいいと思いがちですが、これはいけません!

ジンゲロールは身体を温め、発汗し熱を下げる作用があるので、冷え性の方に使うとかえって体温が下がってしまいます。

この場合は、ショウガオールがおススメです。

乾燥生姜のショウガオールは胃腸を刺激し、血管を拡張し血行を良くする働きがあり、新陳代謝を上げ、筋肉の緊張を緩める作用があります。

断然、冷え性対策には乾燥生姜、蒸し生姜のショウガオールですね。

ただし、ショウガオールは100度を超える加熱をすると成分が破壊されてしますので注意が必要です。

乾燥生姜や蒸し生姜を使用した、生姜紅茶やスープなどがおススメです。

 

「温活」第三弾!!

第三弾は鍼灸整骨院の得意分野、お灸です。

皆さん、お灸と聞くと「怖い、熱い、火傷する」っていうイメージないです?

全然そんなことはないです。ただし、お灸を据える方法は沢山あり、

中には熱いお灸をし故意に火傷させて治療する方法もありますが

ポピュラーな方法ではありません。特異的な手段ですので安心してください。

最近では女性誌やブログなどでも注目されているお灸。

「〇〇女子」という名称をよく聞きますがお灸も「お灸女子」たるものが注目を集めています。

お灸の効能は

①冷え性 ②太りやすい体質改善 ③便秘解消 ④むくみ解消 ⑤ストレス

⑥肩こり ⑦不眠症 ⑧乾燥肌、シミ、肌荒れ ⑨小顔 などなど

女性陣が普段から悩む項目に対して効果を発揮してくれます。

なぜ、このような効果があるかというと。主にお灸は蓬(ヨモギ)の葉を乾燥させて生成します。

このヨモギの葉には「チネオール」という精油成分が含まれていて。

「チネオール」が燃焼することにより、お灸独特の香りを発します。

この香りにリラックス効果があり、緊張した筋肉を緩めたり、自律神経を整えたりしてくれます。

また、局所を温めることにより血管が拡張し血行が改善されます。

熱により皮膚のタンパク質に変化が起こり、「ヒストトキシン」という異種タンパク体が産生されます。

これが、免疫機能を活性化し免疫力を高めてくれます。

少し説明を聞いただけでもお灸は身体にいいという事は分かって頂けると思います。

お灸は毎日しても問題はありません、ですので当院では来院して頂き施術したり、ご自宅用に使うツボをお教えします。

当院でもお灸は販売してますし、最近はドラッグストアなどでも簡単に入手することが出来ますので、少しづつでもやってみましょう。 継続は力なり!

いい変化はみられると思います。

 

「温活」第四弾!!

第四弾は半身浴です。

半身浴というと美容にいいというイメージがあると思います。

その他にも半身浴はいいことだらけですので、効能を挙げていきます。

①冷え性 ②血流改善 ③疲労回復

④代謝が上がる ⑤ストレス解消 ⑥内臓の疲れ ⑦むくみ ⑧生理痛 などなど

半身浴をしてメリットは沢山あります。

ただし、デメリットもありますので注意が必要です。

デメリットとしては、半身浴は効果があるということで長湯により

発汗が増え水分補給を怠ると脱水症状を起こしてしまいます。

何事も、限度があるってことで皆さん注意して下さいね。

方法も挙げておきます。

Ⅰ. 入浴の30分前に常温の水をコップ1杯飲んでおくこと。

Ⅱ. 入浴前に軽くストレッチや体操をしておく。(これはあった方がベスト)

Ⅲ. 入浴時間の目安は20~30分で軽く汗ばむぐらい。(肩が冷えないようにタオルなど掛けてもよい)

Ⅳ. 入浴中も水分補給は気を付ける。

Ⅴ. 湯船の中で軽くマッサージやストレッチをする。

Ⅵ. お風呂から出てから、しっかりと水分補給する。

Ⅶ. お風呂上がりの軽いストレッチをする。    以上です。

ストレッチ率が高いですね。それだけ、ストレッチも身体のケアには必要ということです。

ストレッチの方法が分からないかたは当院にて指導しますので、お声かけ下さい。

 

「温活」第五弾!!

第五弾は適度な運動です。

適度な運動といっても種類は沢山ありますので、ここではウォーキングに的を絞って説明していきます。

皆さんよくご存じのウォーキング、これにも注意点などあります。

まずは、注意点から挙げていきますね。

<体調に合わせて行う>

このような時は運動を控えましょう。

①睡眠不足 ②身体がだるい ③熱っぽい

④脈が速い ⑤頭痛、めまい、吐き気がある

⑥食事を摂ってない ⑦二日酔い状態

まあ、このような状態で運動はあまりしませんが(汗)

体調が悪い時に無理して運動すると脱水状態になり易かったりするので無理は禁物です。

次にウォーキングのメリットを挙げていきますね。

Ⅰ. 体質改善 ウォーキングにより適度に身体が疲れ、質の良い睡眠が増え目覚めが良くなります。また、自律神経のバランスが良くなり、日中の活動がし易くなります。血流も良くなり、体温が上昇します。 → 冷え性、不眠、疲労回復、などに影響

Ⅱ. ストレスの緩和 運動はストレスの緩和に働きます。軽い負荷の運動は、運動する事に楽しさも出てきます。 楽しさが出てくると、免疫機能の重要な細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞が活発になり免疫力の向上に繋がります。免疫が上がると病気になりにくくなります。 ⇒ ストレス、免疫向上、などに影響

Ⅲ. 誰でも簡単に出来る運動である ウォーキングは他の運動と違い、基本的に老若男女に制限なく、時間、場所を問わず気楽にできる運動である。

今回は「温活」に関してのウォーキングですが、注目してもいい情報があるので載せますね。

皆さんご存知のウォーキング、有酸素運動で脂肪燃焼に効果的なのはご存知だと思います。

では、ウォーキングとジョギングどちらが脂肪燃焼に効果的か知ってますか?

実はウォーキングの方が脂肪燃焼がイイのです!!

ご存知でした??知っていた方はごめんなさい、自信満々でしたね(汗)

ただし、ウォーキングが脂肪燃焼で勝つにはゆっくりの歩行ではダメです。

分速約120メートルの速さで歩く必要があります。

イメージ出来ますか? イメージとしては皆さん信号が点滅したりすると、小走りってするじゃないですか?

あの小走りのスピードぐらいでウォーキングするとジョギングよりも脂肪燃焼するみたいです。結構、しんどいと思います。

「温活」のついでに脂肪も燃焼し痩せてしまうという嬉しいオマケ付きなんですよ。

皆さん、やるっきゃないでしょ! ウォーキング!!

 

「温活」まとめ

今回挙げた「温活」方法はまだ一部だと思います。

読んでみてこれなら出来るという項目からでもチャレンジしてみては如何でしょうか?

人間の体温は少し上がるだけでいい事だらけなので、興味を持った方は是非やってみて下さい。