ゴールデンウィーク 熱中症対策を忘れずに!

こんにちは川西市萩原台にある

 

痩身サロンre:bonです(*^_^*)

 

いよいよ明日からゴールデンウィークです。

 

前半は全国的に晴れる見込みですが、

 

後半は少しお天気が崩れるそうです。

 

楽しいゴールデンウィーク、多くの人がキャンプ、バーベキュー、ハイキングなど…

 

屋外レジャーを楽しむと思いますが、

 

この時期の屋外レジャーには、思わぬ危険が潜んでいるのです。

 

〝意外と多い!春の熱中症〟

 

熱中症は夏に起こるイメージですが、実はG.W.の時期から起こるのです。

 

れは4月~5月の意外な暑さが関係しているのです。

この時期まだ熱中症に対する意識が低く、

体は寒い冬から暑い夏にかけて、徐々に体が暑さに慣れていくようにできているので、

それほど熱く無い日でも熱中症になりやすくなってしまうのです。

春の時期は、気温の上昇に対して体温を調節する機能が上手く働かない場合があります。

発汗機能も十分に働かない為、体温が上がると、血管からの熱放射で体温調節を行います。

すると脳血流が減少し、めまいや失神などの、「熱失神」の症状になる危険性が高くなることも。

屋外レジャーなど、太陽の下で活動する時は、水分補給などしっかりした熱中症対策を忘れずに!

 

~水分補給の温度にも注意~

 

水分補給を行うことは重要ですが、

水だけを飲み過ぎると「水中毒」になる危険性もあるため、

塩分も一緒に補給する必要があります。

補給する水分の中身や頻度と同様に

水分補給温度も重要な役割を果たします。

*体内への吸収率を上げるため

*効果的に深部体温を下げるため

効果的な水分補給は温度が低い方が適していると言われてますが、

冷やし過ぎた水分は胃痙攣を起こす危険性があるため、

補給水温は飲みやすい観点から

5~15℃が最適です。

 

G.W.中の渋滞に注意!

 

車内は意外と熱くなります。

「外は涼しいから」「少しの時間なら」と停車中の車内を乳幼児だけにしたり、

渋滞の際にエアコンを使用せず日差しに当たり続けたりすると、

熱中症にかかる危険性があります。

車を利用する時も、熱中症対策を忘れずに!

 

ゴールデンウィークは事故が多発します。

交通事故防止を意識して、

楽しいゴールデンウィークを過ごして下さい(#^.^#)

     

只今春の体験コース受付中です(*^_^*)

re:bonは完全予約制となっておりますので

 

 

お電話でお問い合わせください

 

 

鍼灸整骨院はご予約も受付ております。

 

当院は、交通事故医療情報協会の認定院です!!

交通事故などでの痛みやお悩みなどは当院にお任せください!

 

    

 

 先日、院長先生が交通事故医療情報協会の勉強会で

少しお話させて頂きました。

 

当院は交通事故対応に自信があります!!

 

 

☎072-776-2511 

 

HPはこちら

 

受付時間

午前 9:00~13:00

午後 16:00~20:00

お休みは、祝日・火曜午後・土曜午後