川西市でスポーツ障害にお困りの方へ

スポーツによる痛みは使いすぎがほとんど。万全の施術と体との付き合い方をしっかり指導します

スポーツが原因で膝が痛む人によくある初期症状

  • 走っていて違和感がある
  • 違和感があったがいつの間にかマシになった
  • 屈伸すると痛みがあるが走っても大丈夫
  • 走っていて膝がガクっとなった

オーバーユースの場合は何かしらの身体からサインがあるはずです。
違和感であったり、痛みであったり、張り感であったり、 これを無視すると症状の悪化が見られます。

痛みが出る動作をすれば痛みが消えると思う方が多いですが、これは間違いで出来るだけ痛みが出ないようにしないといけません!

なぜスポーツが原因で膝が痛んでしまうのか?やまさわ鍼灸整骨院の見解

基本的にスポーツでの痛みで多いのはオーバーユース(使い過ぎ)が主です。この場合適切な方法で処置、休息を取らないと後々大変な状態 になることがあります。

オーバーユース以外での痛みの原因は外傷(外部からの外力)によるものが多いです。ジャンプして着地時に捻じった、打った、相手に接触されて痛めたなどで、 その他には、産まれ持って形態的に痛みが出やすい膝の人もいます。

大事なことなので何度でも言います!当院のスポーツ障害に対しての考え方

ほとんどがオーバーユースが原因で痛みにつながっていますので、施術以上に患者さんには休むことの必要性を説明し、自分の身体の状態を知って 頂いて痛みを抑えることに全力を注ぎます。

ここの考え方が固まっていないと、痛みが解消されてもまたオーバーユースによって痛みが出てきてしまいます。ゆえに、患者さんの協力がなければ痛みを抑えるのは 難しいので、原因を突き止めた後はしっかり説明することに注力しています。

スポーツによる膝の痛みへの施術とセルフケア指導について

スポーツによる膝の痛みの施術

原因を突き止めた後、下記は一例ですが、患者さんの状態、現在行っているスポーツによって身体の使い方は違うので個々に合わせて メニューを作成します。

・ストレッチ
・テーピング
・運動療法
(固有感覚トレーニング、バランストレーニング、荷重トレーニングなど)


早く運動ができるようにするために、一緒に頑張っていきましょう!

詳しい施術料金はこちらから