川西市でスポーツ障害にお困りの方へ

スポーツによる痛みは使いすぎがほとんど。万全の施術と体との付き合い方をしっかり指導します

スポーツが原因で肘・肩が痛む人によくある初期症状

  • 少し動かすと張りがある
  • 動かすと痛みがある
  • 手首を捻じると痛みがでる

オーバーユースの場合は何かしらの身体からサインがあるはずです。
違和感であったり、痛みであったり、張り感であったり、 これを無視すると症状の悪化が見られます。

痛みが出る動作をすれば痛みが消えると思う方が多いですが、これは間違いで出来るだけ痛みが出ないようにしないといけません!

なぜスポーツが原因で肘・肩が痛んでしまうのか?やまさわ鍼灸整骨院の見解

ほとんどのケースに対してオーバーユース(使い過ぎ)が考えられます。
オーバーユース以外では、関節脱臼、靱帯損傷などです。 これらは、外傷(外部より力が加わり損傷)が多いです。

オーバーユースによる肩の痛みで多いのが、野球肩。原因は様々になり、腱板部分での痛みや、関節包がタイトになり肩関節前方にストレスがかかり発生する痛みや、 肩甲骨と上腕骨の関節でリズムが崩れているものなど、多種多様になります。

肘に関しては、野球肘、テニス肘、があり、前腕部の筋肉の緊張が高まり肘関節の内側や外側にストレスが掛かり痛みが出るものなどです。
原因は様々な角度から考えることができ、一概にピンポイントで分かるものではありませんので、徹底した検診が必要となります。

大事なことなので何度でも言います!当院のスポーツ障害に対しての考え方

ほとんどがオーバーユースが原因で痛みにつながっていますので、施術以上に患者さんには休むことの必要性を説明し、自分の身体の状態を知って 頂いて痛みを抑えることに全力を注ぎます。

ここの考え方が固まっていないと、痛みが解消されてもまたオーバーユースによって痛みが出てきてしまいます。ゆえに、患者さんの協力がなければ痛みを抑えるのは 難しいので、原因を突き止めた後はしっかり説明することに注力しています。

スポーツによる肘・肩の痛みへの施術とセルフケア指導について

スポーツによる肘・肩の痛みの施術

原因を突き止めた後、筋肉だけでなく関節包に対してもストレッチやマッサージを行い、 必要な筋肉のトレーニング・体幹トレーニングを 行います。

また様子を見ながら、負荷をかけても痛くなければドンドン筋トレをしていくように指導させていただき、元の状態に戻せるよう誘導していきます。 一緒によくしていきましょうね。

詳しい施術料金はこちらから