ばね指(弾発指)

どこにいっても改善しなかったばね指が、当院に通うことで改善し、また不安のない生活に戻れる理由とは?

西洋医学東洋医学を組み合わせて、あなただけの改善計画を立てることができるからです。

こんなばね指の症状にお悩みではありませんか?

  • 物を握るのが痛い
  • このまま悪化するのが怖い
  • マッサージをしたが変化がない
  • 湿布をしても効かない
  • 病院でこれ以上悪化すると手術と言われた
  • 部活(運動)を休まずに治したい
  • 病院で注射をしたが痛みが改善しない
  • 最初は動かした時のパキパキ音だったが指が引っかかる様になってきた
  • 痛みが肘まで広がってきた
  • 病院で患部を休めてと言われて休めてみたが痛みに変化がない

もう大丈夫ですよ!

当院の整形外科的アプローチと徹底した問診と検査で根本からあなたのばね指を改善することができます。

まずはばね指が改善された方の声をご覧ください

首すじの痛み、ばね指(右手小指)の改善

  • 50代 女性 フラワーアレンジメント講師
  • 施術前はどのような症状でお困りでしたか
    首すじの痛み、ばね指(右手小指)
  • 施術後の症状の変化はいかがでしょうか?
    首を横に動かすだけで痛みがあったのが、今は楽になりました。朝、小指が曲げにくかったのがスーッと曲げられるようになりました。
  • その他ご意見ご感想等ぜひお聞かせください。
    症状改善の為に色々と家でするリハビリ、日常生活で気をつけることを教えて頂き、思ったより早く良くなりました。体が楽になり嬉しいです。
こんなにたくさんの喜びの声をいただいております。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

親指の腱鞘炎(ドケルバン病)の改善

  • 柳眞季子さん 40代 女性 菓子・パン職人
  • 施術前はどのような症状でお困りでしたか
    仕事で手をよく使うので、にぎり込む時に痛くて。親指の付け根が特に痛くて困っていました。
  • 施術後の症状の変化はいかがでしょうか?
    今まではりはしたことがなかったのですが、やってもらうと指の伸びが全然違うのでびっくりしました。あまり使ってはいけない手を思わず使ってしまう位です。
  • その他ご意見ご感想等ぜひお聞かせください。
    今まで怖くてやっていなかったはりですが、やってもらって本当に良かったです。
こんなにたくさんの喜びの声をいただいております。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰痛、ばね指が改善しました

  • 40代 男性 外装工
  • 施術前はどのような症状でお困りでしたか
    腰痛、ばね指。
  • 施術後の症状の変化はいかがでしょうか?
    腰痛は仕事内容や天候で痛くなったりしますが、毎日ストレッチポールに寝て自分でも回復に向けて頑張っています。スムーズに動く様になってきた。ばね指の治療効果に驚いています。
  • その他ご意見ご感想等ぜひお聞かせください。
    長年、ばね指に悩んでいましたが週1回のハイボルテージ治療を受け、3~4回目ぐらいから効果が現れてきました。現在、6回目の治療を終え指の引っかかりがなくなりつつあります。日常生活の苦痛も減りました。
こんなにたくさんの喜びの声をいただいております。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜあなたのばね指は今まで改善しなかったのか?

現在、ばね指で発生している炎症(痛み)にばかり注目していませんか?

 

実際治療現場では炎症や痛みのコントロールを第一優先に考えリハビリを行います。

 

少し休息して様子を見よう!

痛み止めを使用しよう!

我慢していたらいつか改善するだろう!

 

ですが、本当の改善を目指すには炎症のコントロールのみではなく。

 

なぜ?

 

どうして?

 

痛みが出てしまったのか?

 

この点を解明し、改善しないと本当の改善とはいいません!

 

この文章を読んで頂いているばね指の痛みをどうにかしたい方、思い当たりませんか?

 

 

実はばね指の本当の原因は

 

腱鞘にストレスがかかり炎症がおこり痛みを発生します。この炎症が進行し腱と腱鞘がスムーズに動かなくなる。これが主な原因とされています。

 

この原因を説明する為に、人間の指の構造から簡単に説明していきます。

 

皆さんの指は問題が無ければ自由に曲げ伸ばし出来ると思います。

この指を動かしているのが筋肉であって指の部分にひっついている部分をといいます。

この腱自体が指を動かすときに引っ張ったり、緩んだりします。

この重要な腱、引張ったり緩んだりする際に浮き上がらないよう押さえつけている部分が靭帯性腱鞘(ジンタイセイケンショウ)といいます。

 

この腱鞘の部分、腱をベルトと例えるとベルト通しみたいな働きがあります。

ベルトが逸脱しないようトンネルを作って抑える働きです。

 

理解できましたか?

 

腱と靭帯性腱鞘のイメージは出来ました?

 

指の曲げ伸ばしによって腱と腱鞘が擦れて摩擦が発生し炎症を起こす、これを腱鞘炎といいます。

 

この腱鞘炎が進行し、腱が腱鞘の中を通る際に引っかかりスムーズに動かない、もしくは引っかかることをバネ指(弾発指)といいます。

 

もし、ベルト通しが細くなったり逆にベルトが太くなってトンネルをスムーズに通れなくなったとしたらベルトを通す作業でイライラしませんか?

 

実際に身体でこの状態になると指が引っかかって痛みが出たり、指が伸びなかったりします。

 

どのようにばね指が発生するのか原因は分かりましたか?

 

 

 

 

なぜ、当院ではばね指を改善することができるのか?

 

実際に痛みの原因の主には指を曲げる筋肉(屈筋腱)靭帯性腱鞘が摩擦し炎症を起こすことが原因と考えますが、本当にこれだけが原因なのだろうか?

 

身体全体からのアプローチをしていきます。

 

 

そもそもなぜ?

 

屈筋腱(指を曲げる筋肉)が腱鞘を摩擦する原因は?

 

細かい作業多くない?

 

指の使用頻度適正?

 

関節の動き固くない?

 

立った時のバランス感覚悪くない?

 

負担がどの様に関節に発生?

 

この原因がどこにあるのか?

 

なぜその様な使い方になるのか?

 

当院では患部のみでなく、全身のバランスや身体の使い方などにも着目します。

 

ですので、痛みに注目したリハビリに比べ当院では改善される方が多いです!!

やまさわ鍼灸整骨院が症状を根本的に改善できるりゆう

院長の山澤が整骨院で4年間、整形外科で7年間経験を積み、整骨院と整形外科のお互いの良いところ・悪いところを知り尽くしているからです。

西洋医学と東洋医学の良い所を取り、バランスよく計画が立てられるからこそ、患者さんに最適な施術がいつも提供できるのです。

やまさわ鍼灸整骨院が大事にしていること

患者さんごとに必ずアプローチ方法を変える

同じ症状であっても、個々によって状態は違うし痛みの原因もまた違ってきますので、しっかりと問診・検診に時間をかけ、施術計画を立てます。

 

キッチリと方針を確定した上で、施術を行いますので安心して身を任せてください。

患者さんご本人が自分の状態が分かっていないと、症状の改善は難しいのが正直なところです。施術以外のリハビリやトレーニングの指導は、患者さんと二人三脚で行うもの。

一方的な施術では良くなりません。

患者さんに納得がいくように説明し同意を得てから施術を行います。

なかなか改善しないばね指に悩むあなたへ

今まで色々な所で治療してバネ指の痛みが良くならなかった方へ

 

「どうせ痛みは無くならない!」

「どうせまた再発する!」

 

と諦めずに一緒に悪あがきしませんか?

諦めずに一度騙されたと思って当院の施術を受けてみて下さい。

痛みの軽減を第一優先にするのは勿論、今後の日常生活時の注意点等もご指導させて頂きます。

 

さあ、一緒にがんばりましょう!!